洗濯乾燥機、ドラム式はシワになると聞いたけど縦型は?

洗濯乾燥機、ドラム式はシワになると聞いたけど縦型は? 片付け

こんにちは、Ai(あい)です。

今日の天気はどんよりしています。こういう天気のときは気持ちもどんよりなりがちです。

こんな日は、洗濯物もカラット乾かないのでイヤです。

Ai(あい)
Ai(あい)
洗濯物が、湿気がっかた匂いになる~ クンクン( ̄∞ ̄)

でも、気分を揚げていきたいと思います。

今、どっちが良いのかと悩んでいることがあります。

それは、洗濯乾燥機です。

洗濯乾燥機には、縦型ドラム式があります。

以前、知り合いに「縦型を使っていて、ドラム式に買い換えたらクシャクシャに仕上がるから、縦型がいいよ」と言われました。

我が家の洗濯機、壊れそうでずっと頑張ってくれています。

乾燥の時にぐるんぐるん、ガタンガタン言っているので、そろそろ解放してあげないと・・・(^_^;)

Ai(あい)
Ai(あい)
なので、調べて見ることにしました(^^)/

洗濯乾燥機の縦型とドラム式の特徴

縦型

洗濯乾燥機、ドラム式はシワになると聞いたけど縦型は?

ヒーター乾燥(水冷・除湿タイプ)

・槽内(排気温度)は約80℃以下なので、乾燥ができる衣類の痛み・縮みが起きやすい。

☆槽内の温度が高いから安全のため乾燥中でドアは開かない。

・乾燥時冷却水を使う。

☆乾燥運転中周囲が暑くなりにくい。

・ヒーターで温度を上げるため、ヒートポンプ方式よりも電気代がかかる。

ヒーター乾燥(排気タイプ)

・空気中に湿気を排出して乾燥。

・槽内(排気温度)は約80℃以下なので、タンブラー乾燥が出来る衣類の痛み・縮みが起きやすい。

タンブラー乾燥とは、コインランドリーなどで見かける「衣類を、熱と共に回転(一部ゆりかご動作)させながら乾燥させる乾燥機」を意味します。 最近では、家庭にもコインランドリーにあるようなドラム式の洗濯機に乾燥機能も付いた1台2役をこなす、家庭用ドラム式洗濯乾燥機が人気なようですが、ズバリこれも「タンブラー乾燥機」です。

☆槽内の温度が高いから安全のため乾燥中でドアは開かない。

・乾燥時に冷却水を使わない。

・乾燥運転中、周囲に熱気がこもりやすい。

・ヒーターで温度を上げるため、ヒートポンプ方式よりも電気代がかかる。

ヒートポンプ(英: heat pump)は、熱媒体や半導体等を用いて低温部分から高温部分へ熱を移動させる技術である。 手法はいくつかあるが主流は気体の圧縮・膨張と熱交換を組み合わせたもので、一般家庭でもみられる製品でヒートポンプを使っているものとして冷凍冷蔵庫、エアコン、ヒートポンプ式給湯器などがある。

Ai(あい)
Ai(あい)
縦型には、二つのタイプがあるんですね。見比べてどっちも良いところ良くないところがあり、どっちが良いのか迷いますね~(>_<)

ドラム式

洗濯乾燥機、ドラム式はシワになると聞いたけど縦型は?

ヒーター乾燥(空冷・除湿タイプ)

☆空気で湿気を含んだ温風を除湿し機外に排出

・約70℃の熱風乾燥

☆槽内の温度が高いから安全のため乾燥中でドアは開かない。

☆乾燥時に冷却水を使わない。

・乾燥運転中、周囲に熱気がこもりやすい。

・ヒーターで温度を上げるため、ヒートポンプ式より電気代がかかる。

Ai(あい)
Ai(あい)
ドラム式も、良いところ良くないところがあり、ん~悩むな~(^_^;)

乾燥でしわにならないのは、縦型・ドラム式のどっち?

Ai(あい)
Ai(あい)
そうそう、私が今一番気になっているのがシワが付きにくいのはどっちかですね~

〔縦型〕

汚れ、ニオイに強い!弱点は、しわしわに仕上がる乾燥機能

【メリット】

縦型の洗浄力は、パワーは高くドロドロのひどい汚れや強い匂いが付いた洗濯物をきれいに洗ってくれる。

【デメリット】

脱水した衣類があまいりほぐれることなく乾燥されるので、取り出してみるとしわしわになってしまいます。

〔ドラム式〕

乾燥機能が得意!でもひどい汚れは不得意

【メリット】

衣類が洗濯機の中でふわっと持ち上がって乾かすタイプなので、ふんわり仕上がりになります。

【デメリット】

繊維に優しいだけあって、洗浄力が弱め、ひどい汚れや強い匂いは消えにくい場合もあります。

Ai(あい)
Ai(あい)
あれ?聞いてた話しと違うな~。じゃドラム式の方が良いのかな~?(^^;)

まめ知識①

最新式の洗濯機でも「生乾き」が起こることがある。

とくにドラム式の洗濯乾燥機を使っている人は乾燥機能の活用方法を見直す必要があるかも知れません。というのは、乾燥容量は洗濯量とイコールではないので場合によっては容量をオーバーして乾燥機能が低下してしまうんです。

Ai(あい)
Ai(あい)
そう!今回調べて見て気づきました、洗濯できる量と乾燥できる量は違うんですね~ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

まめ知識②

少し手間は掛かるけど、脱水後にいちど洗濯機を止めてほぐしておくとしわ軽減になります。

Ai(あい)
Ai(あい)
一番気になっているシワ、一手間かけるときれいに仕上がるんですね!
でも~、その一手間が苦手な私・・・さぁどうする(^^;)アハハ

音が静かなのは?

メーカー 音の大きさ 洗浄
東芝 26dB 温風
日立 32dB 温水ミスト
パナソニック 32dB 温水
シャープ 35dB 高圧洗浄

 

数値上は、少ししか差はありませんが実際に使用すると結構な差になる。

Ai(あい)
Ai(あい)
静かさも気になりますよね~、我が家は2階なので下の人にガタンガタン響いてないか気になります。だから大事です。

縦型式・ドラム式の比較まとめ

縦型 ドラム式
価格 安い 高い
乾燥仕上がり 生地が傷みやすい ふんわり柔らかい
電気代 安い 高い
水道代 高い 安い
質量 軽い 重い

 

Ai(あい)
Ai(あい)
ん~総合的にどっちがいいんだ?
どっちも良いところがあるから分らん(*^.^*)エヘッ

いまだにどっちが良いのか決まっていませんが、縦型もドラム式もメリット・デメリットがあるので良く考えて決めたいと思います(^^)/

 

参考元:360.lifeさんです→

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。(*^_^*)感謝です。

今後も宜しくお願いします。(*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました